Message

インターネットで、心を動かす。

私は、インターネットを初めて目にした時の感動を、今でもよく覚えています。それぞれが独立した道具として役割を果たしてきたコンピュータが、インターネットで文字通り世界とつながり、その可能性が無限に広がっていくことに心打たれ、以来、日進月歩のテクノロジーを肌で感じながら、インターネットの歴史と共に歩んできました。

インターネットの誕生から半世紀。コンピュータとコンピュータを結んでいたインターネットは、人と人とを結ぶテクノロジーへと変貌を遂げ、世界中の人々の生活に溶け込み、当たり前に活用する時代になりました。

私は、デジタルコミュニケーションが大きな影響力を持つようになった今、顔の見えないインターネットだからこそ、フェイストゥフェイスの意識を持つことが欠かせないと感じています。

企業がインターネットを通じて生活者と向き合う姿勢は、たとえ対面でなくとも生活者に伝わり、商品やサービスのみならず、企業そのものに対する信頼にまで影響を与えます。

それは一瞬にして世界中を駆け巡り、コントロールすることはできません。

このような時代の中で、私たちが果たすべき使命は、企業と生活者との間に信頼関係を築き、生活者一人ひとりの心を動かし、お客様のビジネス成果に貢献することであると考えています。

そして、デジタルコミュニケーションが人を幸せにすると信じ、これからも挑戦を続けてまいります。

インターネットの次の半世紀を見据えて、社会との調和ある発展を目指し、インターネットの歴史に新たな1ページを刻んでいきます。

2015年4月
株式会社 伝心
代表取締役社長 尾﨑 貴洋